ある劇団員女性のセックス事情について

ある劇団員女性のセックス事情について

男性と女性のセックス間では非常に異なりがありますが、それで特に大きな差が表れてくるのが、お互いに前戯と本番のバランスの比率が異なっている点でしょう。

男性は色んな女性と経験をしたいと考えるのは本能的な欲望ですが、助成でも時々は複数の男性を相手に楽しんでみたいと思うことがあるんじゃないでしょうか。

私はある劇団に所属していたことがありますが、当時まだ若いときに合成り年の離れた演出家の人と、一夜だけ共にしてしまった経験があります。

切っ掛けは劇団の打ち上げの時に、終電を逃した失敗でしたが、困っていたところを日ごろお世話になっている演出家の男性に声を賭けられたため、しばらく助けてもらうつもりでその人の誘うままに事務所までついていきました。

最初は全然そのつもりではなかったけど、流れでセックスしてしまったので、本当に嫌だったわけでもないけど相手はもう40を超えていましたから、私の方が物足りなかったなあという気がしています。

あんまりにもあっさりしたセックスはしたくないですが、年齢のせいか射精までがその時とても長く感じられたので、途中で冷めそうになったのも確かです。やっぱり、一番セックスを求めるがままに楽しめていたのは10代後半あたりぐらいでした。

あのときにもっと素直に沢山の人と付き合っていればなあとも後悔しています。

大人のセックスも不満ばかりではないですが、若い時だからこそできる勢いっていうのもありますし、もう一度くらいあんな経験をしてみたいですね。