ある劇団員女性のセックス事情について

ある劇団員女性のセックス事情について

男性と女性のセックス間では非常に異なりがありますが、それで特に大きな差が表れてくるのが、お互いに前戯と本番のバランスの比率が異なっている点でしょう。

男性は色んな女性と経験をしたいと考えるのは本能的な欲望ですが、助成でも時々は複数の男性を相手に楽しんでみたいと思うことがあるんじゃないでしょうか。

私はある劇団に所属していたことがありますが、当時まだ若いときに合成り年の離れた演出家の人と、一夜だけ共にしてしまった経験があります。

切っ掛けは劇団の打ち上げの時に、終電を逃した失敗でしたが、困っていたところを日ごろお世話になっている演出家の男性に声を賭けられたため、しばらく助けてもらうつもりでその人の誘うままに事務所までついていきました。

最初は全然そのつもりではなかったけど、流れでセックスしてしまったので、本当に嫌だったわけでもないけど相手はもう40を超えていましたから、私の方が物足りなかったなあという気がしています。

あんまりにもあっさりしたセックスはしたくないですが、年齢のせいか射精までがその時とても長く感じられたので、途中で冷めそうになったのも確かです。やっぱり、一番セックスを求めるがままに楽しめていたのは10代後半あたりぐらいでした。

あのときにもっと素直に沢山の人と付き合っていればなあとも後悔しています。

大人のセックスも不満ばかりではないですが、若い時だからこそできる勢いっていうのもありますし、もう一度くらいあんな経験をしてみたいですね。

男性特有の病気

男性特有の病気

男性特有の病気としてEDという病気があります。

ペニスが勃起しなくなる病気ですから、男性だけが発症をする病気となっています。
身体的な原因によってEDになってしまうこともあるのですが、ストレスによってEDになってしまうということもあります。

最近EDになっている人の中には、ストレスでEDを発症してしまう人が急激に増加してきているといわれています。
また、EDになってしまったことがストレスになってしまって、EDの症状が悪化してしまうという人も多いようです。
高齢になっていくにつれて、EDになりやすくなってしまいます。

中高年になると、体も老化してしまいますし、男性ホルモンの分泌量も減ってしまいますから、勃起しにくくなってしまうのは仕方がない事です。

ただ、最近はストレスによって、まだ若い世代の人でもEDになってしまうというケースが多くなっています。
以前は、中高年になってからED対策をしたりするという人もいたのですが、最近は若いからと言ってEDにならない保証はないのです。
そしてEDになる人も多くなっているのですが、ストレスによってEDになってしまっていたり、反対にEDになったことで余計ストレスを溜めてしまっているのであれば、病因に言って相談をするようにしましょう。

そうすれば、ED治療薬を処方してもらえます。
人によって効き目は違っていますが、少なくとも今の状態よりも勃起しやすくなります。
体質によって適しているED治療薬は違っていますから、自分の体質に合ったED治療薬を見つけるようにしましょう。

そうすれば、EDの治療をしていくことも可能になります。