自分は本当にEDなのか

自分は本当にEDなのか

勃起不全といわれる症状になってしまったから、勃起をすることができなくなってしまっているのではないかと思っている人もいるのですが、この勃起不全についての正しい理解をしていないという男性は多いです。
勃起不全以外にも、インポテンツだとか、EDなんてものもあります。
インポテンツやEDも勃起をすることができない症状になっている、または勃起をしても持続性がないという意味として使われていることが多いです。
この勃起不全やED、インポテンツは症状が違っていると思っている人もいるのですが、実際のところはほとんど症状に変わりはありません。
問題なのは勃起不全やEDになってしまうことによって、正常に勃起させることができずに性行為をすることができなくなってしまうという事です。

年齢の衰えによって、勃起をすることができないということも当然あるのですが、精神的な原因や身体的原因で勃起できなくなってしまうということもあります。
以前は年齢が衰えてしまっているからEDになってしまうのだと考えられていましたが、若い人でもEDになってしまいます。

ですから、EDは年齢だけが原因だとは限らないという認識になっているのです。
実際のところは、自分がEDやインポテンツになってしまっているのではないかという不安がストレスになり、その結果勃起をすることができなくなっているということだってあります。

ですから、気にしないようにしたり、ストレスを溜めないようにしていくことがEDや勃起不全対策として必要なのです。
ストレスを溜めると、本格的にEDになってしまうかのうせいだってあります。

本当にEDになってしまったら、ED治療薬を服用して治療をしていく必要があります。